« 左手を握られる夢、左太ももを切断される夢 | メイン | 滋賀旅行 片づけ 前篇 大道芸人レオさん&すったもんだ »

2014年10月13日 (月)

事故を起こし、自首する夢

夢日記です。

車を運転しています(実際は免許持ってません)。

一生懸命、なんとか運転し、目的地までたどり着きますが
エンストしてしまい、必死にボタンを押します。
この時、頭がぼうっとして、動きが遅くなっています。
何度か押したら、急発進して、コントロールできなくて、
とうとう、一台、車を跳ね飛ばしてしまいます。
飛ばされた車は、別の車の助手席に突っ込み止まりました。
もう、終わった、やってしまった、と思いました。
絶望的な思いで、このままでは、被害が増えるので、
せめて、誰もいないところで、自滅しようと必死にハンドルをこらえて走らせ、
真ん中に大きな緑が茂っている大きな一本道に出たので、
ガードレールに突っ込み、ぶつかり、反動で茂みに飛ばされました。

死んだと思ったのに、病院に連れてかれ(異様に早かった)
消毒など手当され、目が覚めたら、「もう帰っていいよ」と言われてしまいます。

あんなに大きな事故を起こしたのに???
不思議に思いながら、家に帰る。
もしかしたら、あの事故と別の単独事故と思われたのかな?

一時間くらい、パソコンをしてましたが、やはり、心がざわざわして、
このままではいけない、やはり自首しようと決意する。

家には、父と母、兄と、祖父がいますが、
(実際は兄はいません。かずくんのことかな?)
みな、わたしを避けています。
わたしの怪我の具合を見て、察知してたのかもしれません。

わたしが、話しかけようとしても、みな、背を向け避けます。
聞きたくない感じでした。

意を決して、
「みんな、話を聞いて!もうこれから、二度と会えないかもしれないから!」
と泣きながら伝えます。

そこで目が覚めました。

(感想)

何か、わたし、過去に、しでかしましたっけ・・・?(^_^;)
いやああ、、、怖かったです。。。
思うように、動かせなくて、慌てていて、ボタンを押し間違えたんだと思います。

もう終わった、やってしまった(事故で人に怪我させてしまった、殺してしまったかもしれない)

という、あの絶望感は、リアルでした。。。

その後、ガードレールに突っ込んで飛んで死ぬつもりが死ねませんでした。
一度、家に帰りますが、最後に、親にお別れの言葉をきちんと告げて
罪を償うため、謝罪し反省するべく、自首できたでしょうか。。。

前日に、
●左手を二回握られ、左太ももを切断される夢
を見ていることから、
なにかしらの、警告夢かもしれません。

滋賀を無事に売却できて、精神的には、ひと段落なはずなのですがね。。。
こういう夢を見ると、心配になりますね。
誰かに迷惑をかけないよう、急がず、慌てず、無理せず、
無謀なことをしないよう、慢心せず、謙虚に、慎重に、進めていこうと思います。。。

(検索した結果)
生き急いでませんか?自分が事故を起こす夢は、
何か後ろめたいことをしてしまい、無意識のうちに自分を責めている暗示。
やるべきことが多過ぎたり、計画が思うように進まずに焦っていて、
あなたが追いつめられていると思っているのかも。
もう少しスピードを緩めて人生にゆとりを持ちなさいと、夢が伝えてくれてます。
一度落ち着いて、ゆったりとした気持ちで毎日を過ごしてみましょう。