Powerd by 1LDO

« テンプレート・モジュールって? | メイン | 独自ドメインを活用できるドメインマッピング »

トップディレクトリの転送先の変更

希望アカウント(または独自ドメイン)で、BlogのURLが設定されるのだが、
実際に作成してみると、
http://(BlogのURL)/設定フォルダ名
が、正規のBlogのURLになるようだ。

Blogが1つのみのBasicプランの場合や、Plus以上でも1つしか設定しない場合などは、フォルダ名を省略しても、自動的に転送されるようになっているようだ。
ところが、複数のBlogを作成した場合、
http://(BlogのURL)/
でアクセスすると、
 ●一番最初に作成したBlog
にジャンプする(削除などしていない場合)。

そこで、試しにジャンプ用のindex.htmlを、ファイルマネージャーで、トップディレクトリーにアップロードしてみたところ、ファイル自体は表示されなかったのだが、正常に任意の場所にジャンプさせることができた。

但し、これには、
 ●ファイルの削除ができないため、初期状態に戻す方法が分からない
 ●最新アップロードウェブログに掲載されるURLが一致しない場合がある
と言う問題があるようだ。

■追記1
 その後、トップディレクトリに設定されているBlogを削除したところ、
 2番目に作成された(=2番目に古かった)Blogが、トップディレクトリ扱いになるようだ。

■追記2
 index.htmlをアップロードしてしまった場合、元に戻す方法が見当たらない。
 初期設定とURL転送用のindex.htmlを作成し、アップロードする以外に方法は無いかも?
 なお、URL転送用のindex.htmlのサンプルは↓
  <html>
  <head>
  <META HTTP-EQUIV=REFRESH CONTENT=0;URL=転送先のURL>
  </head>
  <body>
  <a href="転送先のURL">Click!</a>
  </body>
  </html>
 と言う感じ(<>は小文字に置き換え)。

■追記3
 index.htmlに限らず、htmlファイルをアップロードしても表示されない。
 おそらく、アーカイブ処理などとも関係しているようだが、削除すらできないので、
 (HTML単体では大した容量は無いとは言え)避けた方が良いかも知れない?

■追記4
 戻せなくなってしまった場合は、ドメインマッピングを使って、
 独自ドメインを割り当てるなどの回避方法もある?
 なお、ドメインマッピングについてはこちら

2005-02-27 in Plusプラン以上 | Permalink

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/3199869

このページへのトラックバック一覧 トップディレクトリの転送先の変更:

» JavaScriptでURL転送 トラックバック ネットビジネス用CGI Perl HTML Javascriptの情報サイト
  訪問者がアクセスしてくれたURLに対して、別のURLに自動的に飛ばしてくれる便利なジャバスクリプトを紹介します。 これは、趣味でサイト運営をされている方には、あまり使用する機会の少ないプログラムコードですが、他人の商品を紹介して、紹介料を得ているアフィリエイターさんたちにとっては、とても便利なプログラムではないでしょうか? 外見とは違うURLに転送(移動)させることができるということは、見た目ですぐにわかってしまうアフィリエイトリンクを隠すことができます。 [続きを読む]

トラックバック送信日 2006/04/23 21:36:39

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

 
DCN Blog 研究所